エレベーターの悪夢【3話】

エレベーターの悪夢
スポンサーリンク

かなみさんからの投稿

長く続いたかなみさんの悪夢に、いよいよ終わりが訪れます。

ある時かなみさんはエレベーターの前で一人の少女に出会いました。

どうやら迷子であるその少女に声をかけると、少女はこちらを振り返ります。

するとその少女の顔はまるで、この世のものとは思えない死人のような顔をしていました。









かなみさんからのお話は以上になります。


コメント

  1. 匿名 より:

    これは生き霊かもしれませんね。女の子の姿だけど実物は身近な誰かかとかかもしれない。 友人が助けたあたりは友人の存在が、なんらかの形で取り憑き続けるのを辞めるきっかけになったとかかな。

  2. より:

    親友はなぜこのタイミングで助けに来てくれたんでしょうか…親友は何か特別な力がある方なのか…親友だからこそなのか…?親友にはこの夢のことを話していたのか…ともあれ無事で良かったです。

  3. 匿名 より:

    親友Aが、死んでる人?生きてる人?霊感ある人?ない人?んーーーー

  4. ソルト より:

    怖いですねでもよかった

タイトルとURLをコピーしました